スタート前にあった落ブルブル(((p’д`q)))

10月 23rd, 2012

“迂闘だった。受診したからには、当然治療がなされたものと思い込んでいたが、そうではなかったらしい。早速、奥さんにもクリニックに来ていただき、検査をおこなうことになった。
しかし、奥さんの尿からはクラミジアが検出されない。膣壁から分泌物を採取して調べる検査もおこなったが、これでもシロ。夫妻と私の間には険悪な空気が漂い始めた。
そのとき、ハタと気がついた。
「奥さんののども調べてみましょう」
これが当たった。のどの粘膜からクラミジアが検出されたのだ。
夫妻ともども抗生物質を服用し、ようやく彼らの治療は終了した。

一般細菌による尿道炎②
この病気では、むしろ妻のほうが十分に婦人科医で治療を受け、夫への再感染を防ぐべきである。
外陰及び外性器にカンジダ症が発生しても、それが尿路や副性器にまで二次的に波及することはめったにない。男性には、カンジダによる尿道炎が起こることがあるが、これは性行為によるというよりも、抗菌薬を使ったために起こるものらしい。カンジダ病の治療は、抗真菌楽を含む軟習など、外用剤を使うのが一番よく、経口剤、または注射の抗真菌薬を用いることは、副作用の点で好ましくない。
もともと尿道には、細菌がいないわけではない。したがって尿をしらべて細菌が検出されたからと
いって、すべて病気と関係があるとはいえない。” クラミジアの症状:男の場合

はじめまして

10月 23rd, 2012

投稿。初めて投稿してみた。 10年以上クラミジアと戦う日記2ちゃんねるで話題のクラミジア予防法クラミジアを3年放置したら大変なことに。2回目のクラミジアは手ごわい!

Hello world!

10月 23rd, 2012

Welcome to Ex5.biz. This is your first post. Edit or delete it, then start blogging!